言語科目について

言語科目は、2つの科目群に分かれます。2つは、GS言語科目(英語)(日本語:留学生向け)と初習言語科目に大別できます。

1.GS言語科目

 GS言語科目(英語)は、グローバル化に対応した言語運用能力を高める科目です。TOEIC(Test of English for International Communication)テストに必要な英語能力の向上を目指す「TOEIC準備コース」と、大学で必要とされる英語能力の向上を目指す「EAP(English for Academic Purposes)コース」があります。

 GS言語科目(日本語)は、日本語を母語としない留学生に対応した日本語科目を開講します。

2.初習言語科目

 学生が言語についての諸能力を養うとともに、諸言語の習得を通じて世界の多様な文化に対する理解を促進し「多文化共生」の時代に生きる力を身につけさせる科目群です。将来の専門及び社会生活等で必要となる言語についての諸能力も養成します。

 言語の種類は次のとおりです。

  ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、朝鮮語、スペイン語、ギリシア語及びラテン語

 

*各言語の教材紹介はこちらから*