FD・SD活動

授業改善のための学生アンケート

実施の目的

 金沢大学国際基幹教育院では、教育改革の一環として、授業の問題点や学生の授業に対する状況などを確認し、個々の授業の改善に資することを目的に、「学生による授業アンケート(共通教育科目)」を実施しています。このアンケートは2001年度後期から実施しており、今度も継続的に実施する方針です。

アンケート集計結果

 2017年度第1クォーター

 2017年度前期・第2クォーター

 過去の集計結果(2016年度以降)(2015年度以前

集計された科目について

 実施に当たっては、アンケートをぜひ実施してほしい授業科目群(対象I類: 単独教員による講義形式の授業及び言語科目)と、参加を希望する場合は実施するという授業科目群(対象II類:複数教員による講義形式の授業、ゼミナール形式の授業、体育関係・情報処理関係の演習科目及び実験)に分けて参加確認を行い、参加した授業のみで集計しました。
 また、専門教育科目としても受講できる「開放科目」については、共通教育科目としての受講者だけでなく、専門教育科目としての受講者をも対象にして実施しました。個別授業では専門教育科目としての受講者も入れて集計を行いましたが、全体集計からは専門教育科目としての受講者をはずすことにしました。

アンケート項目

 アンケート項目は、13項目です。個々の項目はこちらを参照してください。

集計方法

 各科目ごとに、①~③、⑥~⑫に対しては選択肢の項目番号順に1点、2点、・・・・、5点と点数をつけ、その項目の選択数を重みとして平均値を求め、その平均値を各科目の設問のポイントとしました。また、④⑤に関しましては、各項目選択肢の選択数の合計に対する各項目選択肢の選択数の割合を求めました。

授業改善のヒント

 授業改善のヒントはこちらを参照してください。